前へ
次へ

妻がオンラインで英会話を始めました

今年息子が小学校へ入学し、妻もようやく自由な時間を持てる様になりました。数年ぶりに得た自分の時間を少々持て余していた妻は、オンラインで英会話が学べる事を知りました。独身時代、取引先の欧米人と英語を使った仕事をしていたこともあり、妻は英語がある程度しゃべれます。子供に手がかからなくなったら再度勤めに出たいと言う希望もあり、オンライン英会話を受講し育児中のブランクを埋めたいとの相談を受けました。受講費も手頃で自分の都合に合わせて受講できるとの事でオンライン英会話を始める事となりました。昼間の家事の合間の空いた時間を利用して受講し始めて以来、妻は生活に新しい張り合いを見つけた様で、妖怪に取り付かれたが如く英語の勉強をするようになりました。そんな妻の姿を見ていた息子も自然と妻の雰囲気に呑まれて、一緒に英語の映画やアニメを見たり、歌を聞いたり、時には簡単な英語で会話をするようにもなりました。オンラインなのでわざわざ教室まで行かなくても、自宅で自分の好きな時間に受講できるので、飽きっぽい妻でも半年以上継続できています。

気をつけておきたい英文法

英会話を習得する時に避けて通れないのが文法です。曖昧に憶えていても問題ないものもありますが、中には間違うと致命的な齟齬を生み出してしまう文法もあります。以下に大事な文法をまとめるので、伝わる英会話が出来るようにしましょう。【時制】いつ何をした・何が起きたは正確に使わないと物事の順序がバラバラになってしまいます。現在形、未来形、過去形、過去完了形を自在に操れるようになりましょう。【基本5文型】基本5文型を知らなければ、良く使われる言い回しの大部分が理解できなません。逆に基本5文型と単語さえ知っていれば、基本的な会話がスムーズにできるようになります。【助動詞】助動詞はより多彩で自然な言い回しをするために必要です。「必ずしなければならない」や「違いない」の意味を持つmustや、「したほうがいい」の意味を持つshouldなど、自分の言いたいことを正確に伝えるための単語が揃っているので、表現に幅を持たせたることができます。文法には数多くの種類があります。使うことができるようになれば英会話のスキルアップにもつながるので、興味がある方は調べてみてはいかがでしょうか。

Page Top