前へ
次へ

大学における学習支援システムについて

普通科高校を卒業して、大学進学する事が一般的となりしばらく経っていますが、高校授業における学習レベルは全体的に低下しており、その反面大学での授業は高校とは異なり、基本及び応用を求められる高度なものとなっております。高校までの授業で習った論法や公式を利用する事で定期試験で得点を取れるほど、単純にはいかない事が大学では増えていきます。そのため、大学進学したものの高校までと同じような学習スタイルのままであると、進級があやぶまれるケースが増えてきています。大学側としても授業レベルを下げるわけにもいかない上に、卒業検定において研究室などで対応できる教育レベルを保つ必要があります。そのため大学では学習支援システムという、学習レベルの底上げのための通常の授業とは別に特別な補講を用意していたります。

Page Top